BLOG

「ne」か「né」?

「né」 と「 ne」は何が違うのですか?
同じですか?
いいえ!「né」 の意味と「 ne」意味が全然違います!
イタリア語ではアクセントがある言葉は多いです。
In italiano tante parole hanno l’accento finale.
「Perché」, 「città」, 「università」, 「è」, 「caffè」, ecc…
「perche」, 「citta」, 「universita」, 「caffe」は意味がありません。
「e」と「è」と
「ne」と「né」は意味があります。
「e」の意味は「と」です、「è」は「Essere」動詞です。「Ne」と「Né」はもうちょっと難しいです!

まず、「Ne」を説明します。

「Vorrei comprare del pane. Ne vorrei tre etti.」

「パンを買いたいです。300グラムお願いします。」

「Abbiamo trovato dei CD. Ne abbiamo presi tre.」

「Chi ha mangiato tutti i dolci?! Ne è rimasto solo uno!」

「Ne」significa 「di qualcosa」!

「Vorrei tre etti (300g) di pane.」

「Abbiamo preso 3 dei CD.

「Solo uno dei dolci è rimasto.」

Si usa spesso con le quantità, ma non solo! Si usa quando c’è 「di」.

量があるときよく使いますが、量だけじゃありません!「di」があるときを使います。

「Parliamo della partita di calcio di ieri?」

「No, non ne voglio parlare!」

= non voglio parlare della partita di calcio.

多分次のよく使う表現は聞いたことあります:

「Che ne dici di andare al mare?」

「Che ne dici」は誘うの言い方です。意味は

「Cosa dici dell’andare al mare?」

つまり、「Cosa ne pensi?」の意味です。「どう思う?」

この「ne」は「Cosa pensi di questa cosa?」です。

例えば「Cosa ne pensi del film di ieri?」

「Né」は違いますね。

「Ieri ho visto un uomo né alto né basso, insomma normale.」

意味はなんですか?

「Non vado né al cinema né al ristorante, vado a teatro!」

「映画館もレストランも行かない。劇場に行く。」

「Né」si usa per due o più cose negative.

「Le chiavi non sono né in camera da letto né in salotto! Dove sono?」

「Matteo non è né bello né intelligente!」

「Non abbiamo né perso né pareggiato, abbiamo vinto!」

「Non」がありませんときも使えます、例えば前の文で「un uomo né alto né basso」

「né」indica negatività.
「ne」serve a sostituire una parola con 「di」.
Chiaro? わかりますか?

Che ne dici di studiare italiano?

Cosa ne pensi di fare lezioni on line?

オンラインレッスンはいかがですか?

Contattaci! Ci trovi a Tokyo e anche su Skype.

インテルクルトゥーラ教室は下北沢エリア(渋谷から7分)でイタリア語レッスンを行います。SkypeとZoomレッスンもできます。
興味がありましたら、お気軽にご連絡下さい!